聖峰の山頂広場に立つと、まず目に飛び込んでくるのが眼下に広がる相模平野の街並みと相模湾に浮かぶ湘南江ノ島です。  

そしてさらには、横浜ランドマークタワーやスカイツリー、新宿副都心をはじめとする東京のビル群を眺めることができます。  

また、三浦半島の奥には房総の山並み、太平洋には大島、利島、そして空気の澄んだ日(主に11月から3月)には茨城県の筑波山までをも確認することができます。  

近年では、この広角での絶景を求め、四季を通じて多くの方々がこの地を訪れています。

毎年元旦には、多くのお客様が登頂し、江の島の左手から昇る初日の出を堪能されます。  

また、元旦のこの日は『聖峰世話人会』の皆様が5時に山頂に集まり、甘酒や地元産ミカンで登頂されたお客様をおもてなしいたします。

聖峰は地元栗原地区の『聖峰世話人会』の皆様により日頃から整備され、絶景と自然を満喫できる地として皆様の来峰をおまちしております。    

ご家族やお友達をお誘いの上、ぜひ聖峰をお楽しみください。

聖峰不動尊

山頂広場奥にある御堂の中には、足腰、安産、長寿の守護仏である聖峰不動が祀られています。  

このお不動様は、初代は平安時代と伝わり、現在は4ないしは5代目といわれています。  

5月3日は御堂がご開帳されます。(10時~13時)   ※2020年はご開帳されません

紅葉

11月下旬~12月上旬、市内の里山の紅葉が見頃になるころ、聖峰山頂へ向かう山道もモミジの黄色で彩られます。  

空気の澄んでいるこの時期、山頂からの150度の広角絶景をお楽しみください。  

運が良ければ筑波山も確認できます。

アクセス

住  所 伊勢原市聖峰
アクセス 伊勢原駅北口神奈川中央交通バス4番乗場「栗原行」バス約20分「保国寺」そばで下車 徒歩60分



>>Home